BASIC ベーシックアイテムで作る春の

毎年更新したいシンプルなノースリーブのニット、今季はやはりボトムスとの
レイヤードがバランス良く仕上がるロング丈を。
しっとりとした手触りで人気を集める高級糸ヴィエラヤーンは、すとんとした
落ち感、そしてご自宅でのお洗濯が可能なところも魅力。
二の腕がすっきりと見えるよう計算されたスリーブの仕立ても、こだわりのポイントです。

  • レギンスもワイドパンツとも好相性のカギは、
    両サイドにあしらわれたスリット。

小物とのコーディネート次第で多彩なテイストに表情を変えられる、プレーン
なシルエットのニットワンピース。
取り外し可能な共布の細ベルトでウエストマークすればきちんとした印象に、
外せばすとんとリラックスしたシルエットに、そしてレギンスをレイヤードすればたちまち旬な顔に。
フレキシブルな着こなしが楽しめる1着です。

  • 夏らしいカジュアルシックなら、大ぶりのアクセサリーや柄小物でアクセントを。

ボーダーは、上品な細めのピッチが今季の主流。
フロントは黒のラインで引き締められた端正なルックスのクルーネック、その
一方でバックスタイルは大胆なカッティングにレースアップにあしらいを。
単なるノーマルカジュアルに留まらない、大人の女性に相応しいアイテムへと
昇華しました。柔らかなワッフル素材で肌触り良く、着心地も抜群です。

  • 素肌の抜け感が出ることで、カジュアルなボーダー×リネンも女性らしく華やかな印象に。

こだわったのは、さっと被るだけで女性らしさと高級感をしっかりと醸し出せる、シルエット。背中から肩周りがほっそりと見えるよう計算されたカッティング、すっきりとウエストをシェイプさせた綺麗なフレアライン。
さらにボディのラインを拾いすぎない、程よい厚みのリブ編みニットを採用。着るだけでこなれたスタイルが叶う、頼れる1枚です。

  • プレーンなワンピースが主役な日は、エッジィなアクセサリーでメリハリをプラス。

オン、オフどちらのスタイルにも重宝するアイテムといえば、やはりシャツ。
とくに今季重宝するのは、背中を抜いて着こなせるオーバーサイジングのリネンシャツ。
ざっくりと1枚でも、または前を開けて軽い羽織りとしても楽しめる。
洗うことで風合いが増すのは、リネン100%のハイクラスな素材だからこそ。
長く使える、大人がセレクトしたい名品です。

  • 腕はラフに捲り上げ、こなれ感を出して。レギンスとのレイヤードでより今年顔に。

センタープレスをほどこしたノーブルな顔立ちのチノパンツには、程よいワイドシルエットとハイウエストでフェミニンなエッセンスを添えて。
カジュアルな魅力を残しつつ、スタイルアップも叶えてくれる、大人の女性に相応しいボトムスに仕上がりました。
洗練された印象を叶える、シャリ感のあるリネン混素材を使用しています。

  • ワークアイテムを上品に着こなすには、女性らしいミニマムな黒トップスで引き締めて。

どんなボトムにも合わせられるスタンダードなトップスこそ、ほんの少しモードを帯びたアイテムを選びたい。
シャリ感のある涼しげな素材、ハイネックのショルダーにタックをあしらったノースリーブニットなら、いつものワンツーコーディネートも技ありな印象に。
着まわし力を発揮できるよう、自宅で洗えるウォッシャブル素材もこだわりのひとつ。

  • 上質な素材感を際立てるワントーンのコーディネートには、色味小物でリズムをつけて。

今年は、いつものデニムをホワイトに変えるだけで途端に旬なルックに。
大人が選びたいのは、シックなワイドシルエット。
日本人のスタイルに合う仕立てや最高の穿き心地にこだわった、デニムメーカーEDWINとの共同開発。さすがのスタイルアップ効果に加え、ハイウエスト、センタープレスといったあしらいも女性らしさを後押し。

  • 今年の気分は、潔くオールホワイト。露出はひとつのアイテムに留めるのが上品さのカギ。

美しいシルエットにこだわったTシャツは、シーズンを問わず活躍してくれる優秀なアイテム。
コンパクトなクルーネックのオーソドックスなシルエットながら、ミニマルなロゴプリントや切りっぱなしの加工で、程よいトレンド感もプラス。
デイリーにはもちろん、ジャケットの外しにもなる、今夏のコーディネートの幅を広げてくれる1着です。

  • トップスで引き算した日は、トレンドデザインの小物や柄で思い切り遊びたい。

しっとりとした落ち感のあるロングカーディガンは、ボディラインをすっきりと見せたり、コーディネートの鮮度を高めたり、柄合わせを中和したりと、今夏マルチに活躍してくれるアイテム。
さらにストール感覚で羽織れるので、冷房対策に、アクセントにと、まさにこの時期の必携。
両サイドに配色のステッチがあしらわれ、こなれ感もひとしおです。

  • パンツとバッグの柄あわせも、面積の大きいカーディガンを挟むことで全体にまとまりが。