Mila Owen(ミラ オーウェン) > 大草直子の NEW STANDARD VOL.06 カジュアルからエレガントまでボーダレスで着まわせるコート
大草直子のNEW STANDARD 大草直子のNEW STANDARD

VOL. 06

blue stroke

大草直子のNEW STANDARD 着るだけで気分があがる、「itアイテム」を
人気スタイリストの大草直子さんがピックアップ。
日常のシーンに合わせたコーディネートとともに、
着回しレシピも教えてくれました。

VOL. 06

blue stroke

カジュアルからエレガントまで
ボーダレスで着まわせるコート

去年の暖冬の記憶と新しい日常とで、今年はアウターをどうすべきか、正直、悩むと思います。
このコートは、ひとえで軽やか。
フードのように大きな襟が、エレガントでもあり、カジュアルでもあり。
ノーボタンでガウンのようにも着られるので、テイストやシーンを超えて着まわせます。
コートが優しいミルク色なので、インナーは黒で引き締め、フェミニンとシャープの良いとこどりを。

このアイテムを着回し!

このコートは、丈の塩梅も絶妙。小柄な方にもおすすめですし、
スカートにパンツにワンピースにと、インナーのテイストを選ぶことなく、バランスよくまとまります。
柔らかなミルク色なので、どんな色とも相性が良く、文字通り万能選手。
マニッシュなチャコールブラウンを合わせると、硬軟がミックスされた今っぽいコーディネートに。
インナーのシルエットに合わせて、前をラフに開けて。

大草さんに12の質問!

blue stroke

ファッション、美容、ライフスタイル――
みんなが知りたい、
大草さんの「素敵」の秘密に迫ります。

ストレス解消方法は?

ワインとのディナータイムの雰囲気

食品やワインなどの
お買い物!

いつもより少しいいものを買って、小さな幸せをかみしめます。
今はサルサバーに行けず、大好きなサルサを思いっきり踊ることもできないので・・・・・・(涙)

BACK NUMBER

PROFILE

stylist 大草直子

STYLIST 大草直子

1972年生まれ 東京都出身。
大学卒業後、現・ハースト婦人画報社へ入社。
雑誌の編集に携わった後、独立しファッション誌、
新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、
イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。
著書『大草直子のSTLYLING & IDEA(講談社)』ほか多数。
インスタグラム@naokookusaも人気。