Mila Owen (ミラ オーウェン) > 大草直子のLove it! -vol.3- 機能性も着回し力も兼ね備えた ウォッシャブルニット

大草直子のLove it! -vol.3- 機能性も着回し力も兼ね備えた ウォッシャブルニット

人気スタイリストの大草直子さんが、
ミラ オーウェンの新作の中から
「これ欲しいっ!」と思ったアイテムを
毎月3着ピックアップする、3か月限定の連載。
最終回となる今月は、私たちのNEW STANDARDとも言える
「ウォッシャブルニット」をクローズアップ。
昨年発売されたミラ オーウェンのウォッシャブルニットを
“超”愛用していたという大草さん。
今年はどんなウォッシャブルニットで、
どんなおしゃれを楽しむ?

#1

ニットのふっくら感と裾のアレンジで
おしゃれの幅を広げて

「ボリュームがあるように見えますが、ボトムスによって、裾のイン・アウトができるのも、このニットの魅力。インの仕方も、フロントだけ、サイドだけとアレンジを楽しんで
スカートは、フロントにあしらわれたギャザーがデザインポイントなので、ニットの裾は前をタックインして、後ろは成り行きでアウト。
色はピュアなホワイトとゴールドベージュでまろやかなグラデーションに。一方、ミドルゲージのふっくらとしたニットにシルキーで流れるようなスカートと、素材でメリハリをつけたのがポイント。」

#2

着こなしも表情も華やかに
ローズピンクのニット

ローズのように美しいピンクが目を引くニット。
私は、イエローベースの肌色なので、ブルー味が入った色は似合わないと思っていました。よもやトップスにその色を持ってくるなんて……。でも、着てみると、意外!肌色をトーンアップし、表情も着こなしもぐっと華やかに
ネックの立ち上がりや袖のボリュームなど、ニットなのに構築的なフォルムを描くところも◎。
今回は、アイシーなトープカラーのパンツとコーディネート。情熱的なニットに対して冷静なパンツ。そんなコントラストをつけた色合わせを楽しみました。」

#3

パーフェクトなバランスが
即手に入るドッキングニット

「チャコールグレーをベースに、杢のような白が入った、複雑な表情のニット。さらに、パキッとしたコットンライクな白の生地が裾にドッキングされているので、着こなし全体が3割軽やかに。
合わせたのはサイドにラインが入ったパンツ。ストリート感が強すぎる気がして、なかなか挑戦できなかったのですが、とろみのある素材、ワイドシルエット、裾のスリットと、大人に引き寄せてくれるディテールのおかげで、トライできました。
黒、白、グレーと、ストイックに3色に絞るとほんのりモードに仕上がります。」

  • 今年らしさ満点! レイヤードニット

  • ピュアホワイトの清潔感を味方に
  • ローズカラーの主役ニット

昨年、私が重宝したのが、
今回ピックアップしたものと同じ、白のウォッシャブルニット。
ウォッシャブルということもあり、白を躊躇なく選べました。
ただ、このニットの素晴らしいところは、
洗えるという機能性だけでなく、抜け感のあるフォルム。
ニットは、どうしたって素朴になりがちですが、
首筋の見え方、肩の落ち方、身ごろのボリューム感含め、
どんなボトムスとも相性抜群。
NEW INしたレイヤードニットもしかり。
さまざまなボトムスを受け止め、着こなしの鮮度をあげてくれるニットは、
頼りになること間違いナシ!

STYLIST大草直子

ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。
2019年4月には新しいメディア『AMARC(アマーク)』を立ち上げた。
講談社のWEBマガジン『mi-mollet(ミモレ)』のコンセプト・ディレクターでもあり、新著『飽きる勇気』(講談社)ほか、インスタグラムも人気。 Instagram :
@naokookusa @naokookusa_styling
@amarc_official

Styling / NAOKO OKUSA
Photograph / TOMOKO MEGURO
Hair&make-up / chiSa
Edit&text / AYAKO SUZUKI(HRM)