Mila Owen(ミラ オーウェン) > 大草直子のMUST BUY vol12

大草直子のMUST BUY

見て可愛い。着てオシャレ。組み合わせて使える。
人気スタイリストの大草直子さんが、
今買って夏まで使える、一押しアイテムを
参考になる着まわしとともに紹介します。

vol.12

体のラインを拾わない
ビックシルエットで着やせ効果も

5.19(tue)

最高気温25.9℃

今年のキーカラーのオレンジは肌馴染みがキレイで、女性らしく見せてくれるカラー。
シャツワンピースでも、フロントを開けてアウター代わりにさらりと着るのが私流。
ロング丈は、紫外線対策、体温調節、体型カバーにも使えるので一枚持っていると何かと重宝します。
フレンチリネンを使用したこのシャツワンピースは着ていて楽なのに、きちんと感があって、ラフすぎないのも嬉しい。
インナーを主張しすぎないカラーにすることで、メリハリをつけたコーディネートに。

3か月後

最高気温32.2℃

“着回し力のある一枚で
大人のリラクシーな休日スタイル”

旅行に行くときは、速乾性があって、シワが気にならないアイテムを選びます。
水着の上にでも羽織れる薄手のシャツワンピースは着こなしを華やかにしてくれるだけでなく、
日よけ対策にもなって、ビーチでも大活躍。
シャツなら、下にスカートを履くだけで、ホテルのダイニングでのランチもできるスタイリングに早変わり。
クシュっとしたら小さくまとまるので、バッグにいつでも忍ばせられます。

BACK NUMBER

  • vol.11

    甘辛ミックスコーデなら
    好感度もアップ

  • vol.10

    Tシャツをウエストインして
    腰位置高めに細見え効果

  • vol.09

    セットアップの
    理想的なバランスで着こなす

  • vol.08

    リラックス感あふれるコーデも
    ピンクなら女らしさをキープ

  • vol.07

    リラックス感あるドライブコーデも
    サテンで女らしさをひとさじ

  • vol.06

    きれいめに着られるセットアップを
    味方につけてトレンドを満喫

  • vol.05

    光沢感のあるプリーツが
    着こなしを一気にドラマティックに

  • vol.04

    シンプルなデイリースタイルは
    色合わせで鮮度を演出

  • vol.03

    甘めのカシュクールニットを
    シャツでピリリと引き締めて

  • vol.02

    白のカフタンブラウスは
    爽やかで好感度が高い、大人カジュアルの正解

  • vol.01

    防寒とシャレ見えを両立する
    軽さのある華やかアウター

PROFILE

  • STYLIST

    大草直子

    1972年生まれ 東京都出身。
    大学卒業後、現・ハースト婦人画報社へ入社。
    雑誌の編集に携わった後、独立しファッション誌、
    新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、
    イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。
    著者『大草直子のSTYLING & IDEA(講談社)』ほか多数、
    インスタグラム@naokookusaも人気。